MY LINKED PLUS

半田市立半田病院

院長は語る

intyotop

半田市立半田病院 病院長
石田義博

<半田病院が7:1を取得しました!!>

 

 半田病院に関心を持っていただき有難うございます。当院は知多半島医療圏の基幹病院として、救命救急センター、中核災害拠点病院、愛知県がん診療拠点病院、地域医療支援病院などの機能を有し、質の高い急性期医療の提供と災害時の医療拠点としての役割を担っています。中核病院ではありますが、499床と中規模であるため、各部署間には大規模病院にはない風通しの良さがあり、大変に働きやすい職場であると自負しています。また、この7月から念願であった7:1看護配置を取得することができました。これまでは、急性期病院であり、10:1看護配置の大変に忙しい病院と思われていましたが、今回の7:1の獲得で余裕を持った看護ができるようになりました。当院は看護師の皆さんのキャリアアップ支援にも力を入れており、現在、急性・重症患者看護専門看護師1名と11分野15名の認定看護師さんが働いており、数名が新たに認定看護師を目指して研修中です。当院の看護師さんは災害医療への意識も高く、59名もの方が災害支援ナースとして登録しており、先の東日本大震災でも大活躍をしました。看護師さんをはじめ職員が働きやすい職場とするための努力も続けていますので、看護師として自分の力を地域医療に役立てたいと考えている皆さんと是非一緒に仕事をしたいと思います。一度見学に来ていただけること楽しみにしています。



INDEX



病院を知ろう



シアワセをつなぐ仕事