MY LINKED PLUS

津島市民病院

院長は語る

intyo TOP

津島市民病院 病院長
松崎安孝

 津島市民病院は、海部医療圏の中核病院として、救急医療を担い、高度専門的な医療はもちろん、地域の健康・安心に貢献する地域密着型の病院を目指しています。

 

 急激な医師不足から、一時期は深刻な医療機能不全に陥りましたが、関係機関や地元医師会の皆様の応援をいただき、医療提供体制は着実に充実してきました。昨年7月には、6年間休止していました1病棟48床を再開し、440床のフルオープンを実現することができました。救急車の受入れも、年間4,000件を超える対応ができるようになりました。医療機能は整いつつあると考えています。関係いただきましたすべての方々に感謝申し上げます。

 

 本年4月には、新しい病院理念として「地域とつながり安心・信頼の医療を提供します」を掲げました。地域の中で、医療、介護、福祉などが互いにつながり、安心・健康なまちをつくりあげる「地域包括ケア」に貢献することが、これからの重要な方向性になると考えたからであります。

 

 今後も、救急を始め急性期医療に最大限力を発揮するとともに、在宅医療の後方支援などにも積極的に取組んでまいります。関係機関や行政、地域住民の皆様など、地域とのつながりを大切にし、安心して医療が受けられ、いつまでも健康で暮らせるまちづくりの中心となるよう、一層の努力を重ねてまいります。引き続きのご支援・ご協力をお願い申し上げます。



INDEX



病院を知ろう



シアワセをつなぐ仕事