1,210 views

human-main

パートナーとしての看護師

91E592CB959B91E590b
元厚生労働副大臣 大塚耕平 氏

元厚生労働副大臣。早大卒後、日本銀行を経て2001年から参議院議員。
日銀在職中に早大院博士課程修了(学術博士、専門はマクロ経済学)。
内閣府副大臣(金融、郵政改革、規制改革等担当)等歴任。53歳。

 災害医療から地域医療、そして医療の全体像へと取材対象を広げているリンクト。今回は医療現場における看護師の役割と今日的課題を的確に整理しています。
 看護師の役割は医師の補助的アシスタントではなく、一緒に患者に向き合うパートナー、あるいは患者のパートナーと認識すべきです。医師は患者の疾患を診る、看護師は症状を制御するというのもひとつの捉え方ですが、役割分担のあり方は医療や社会の変化に伴って変わっていくことでしょう。
 高齢化の進展に伴い、患者の症状の緩和ケアの重要性、必要性が一層高まっており、高度専門職(専門看護師、認定看護師)もそうした流れの中で生まれました。
 当然、看護師教育のあり方も変わっていかざるを得ません。卒前・卒後の教育プログラムだけでなく、経験を積んだ高度専門職を育てるための医療機関や医師のサポートも求められ、そのためには看護師配置比率などに関する診療報酬上の配慮も必要です。
 特定看護師(ナースプラクティショナー)や看護ステーションの開業基準等の今日的課題についても、業際問題的捉え方をすることなく、患者にとって望ましい姿は何か、医師と看護師がパートナーとして患者に向き合うためにどうあるべきかという視点から考えていくべきでしょう。

1,210 views