936 views

human-main

教育は、未来を創り出す最大の道具。

松尾先生
松尾清一 氏 

昭和56年名大医学部大学院修了後、名大医学部助手、講師を経て、平成16年から名大大学院腎臓内科学教授、同19年名大医学部附属病院院長。同21年名大副総長。また、同年には公立病院等地域医療連携のための有識者会議の座長を務める。平成27年4月、名大総長に就任。



 我が国の医師教育は、これまで〈治す医療〉という観点から精緻化、高度化され、一定の成功を遂げてきました。その背景には、社会が、臓器別・専門別医療を求めてきたことがあります。ただ、これからの超高齢社会を考えたとき、社会が医療に求める形も変わってきます。治すだけに留まらず、もっと生活に密着した視点、たとえば、介護や保健などとの繋がりを含めた、〈治し、支える医療〉というものです。
 そうした次代の医療を担う医師教育はどうあるべきか。大切なのは、前提となるゴール、つまり、社会全体で今後の日本のあるべき姿を描き、そこにおいて必要な医療のあり方、さらに、そこで医師が担うべき役回りから、どのような教育が必要かを考えるという発想です。
 〈教育〉という営みは、大変、時間がかかるものですが、実は未来の創造に繋がる重要かつ有効なツールです。医師は、生涯学び続けなければならない職業であることを考えると、大学も、地域の基幹病院も、そして、中規模病院も、社会が求める医師の未来像を共有し、優劣のない連携により互いの教育リソースを開放し合う。その上で、既成概念に囚われないアイデアを出し、柔軟性ある多様な医師教育の機会と場を、生み出すことが大切です。




936 views