3,777 views

病院を知ろう

「地域のため」という病院の姿勢が、
未来を担う医師を育てる。

公立陶生病院


病院メイン_10陶生

「公立陶生病院で臨床研修を受けること。それは、ブランド。そして、プライド。そこには長きに亘り受け継がれてきた病院の「文化」がある。

昭和57年に医師の臨床研修病院の指定を受けて以来、数多くの優秀な医師を育成・排出してきた公立陶生病院同院を初期研修・後期研修の場に選び、直実に成長を続ける一人の医師から見えてきたのは、連綿と受け継がれてきた「陶生イズム」の重みだった。

臨床経験だけでなく研究にも力を入れ、
研修医の成長を支援する。

_mg_1703 医師の資格取得前の医学部学生は、十分な実地経験を積むことができない。この経験不足を補うのが、資格取得後に実施される「臨床研修」だ。以前は努力規定だった臨床研修は、平成16年4月の新臨床研修制度の施行に伴い、2年以上の初期研修が義務化された。
 新臨床研修制度で重視されたのが、複数の科を経験し、幅広い臨床能力を養うこと。そのモデルとなったのが、「非入局スーパーローテート研修」ともいわれる、「名古屋大学方式」だ。これは、特定の科に入局せず、複数の科をローテーションする研修方法。知識が偏ることなく、広く一般の病気に精通した医師を育成できるのがメリットだ。
 この研修方法を、40年あまり前から続けているのが、公立陶生病院だ。同院では、今までの経験から新臨床研修制度にもスムーズに移行。学生からの支持も厚く、ほぼ毎年、定員数の研修医を採用し続けている。
 同院の研修を支えているのが、病院全体での手厚い教育体制である。例えば、月4~5回の当直では、1年目2名、2年目2名、内科医、外科医の体制が基本で、1年目の研修医だけで対応することはない。困ったことはその場で先輩研修医や上級医に質問できる上、当直明けには必ず指導医が確認し、相談に応じる。不安を抱える1年目の研修医が、安心して臨床経験を積める環境を整えているのだ。さらに、こうした指導方法は、教える側となる医師の学びの場にも繋がっているという。
 また同院では、臨床経験だけでなく、研究・科学にも力を入れている。学会発表を行う機会などを積極的に設け、「エビデンス(科学的根拠)を創る作業」を経てさらなる高みをめざしてもらう。
 このように、医師が成長していく一連の過程のなかに、「経験」と「研究」という2つの軸をうまく取り入れているのが同院の研修の特長だ。

内科医としての高みをめざし
全国屈指の実力を誇る公立陶生病院へ。

_mg_1636
 「内科希望だったので、内科系に強いこの病院を選びました」。公立陶生病院で初期・後期研修を受けた呼吸器・アレルギー内科の表(おもて)紀仁医師は、研修先に同院を選んだ理由をこう話す。同級生や先輩医師から情報収集し、さまざまな病院を見学したが、彼を惹きつけたのが同院の“忙しさ”だった。「誰もがテキパキと動いていて、“休めない病院”というイメージでしたね」と当時を振り返る表医師。「内科系の三本柱である循環器科、消化器内科、呼吸器内科のほか、神経内科も含めて非常にしっかりと機能している。とりわけ呼吸器内科は西日本でも随一で、症例数も非常に多い。とくに間質性肺炎の分野では世界的な権威です。この病院で学べば間違いないと確信できました」。出身大学である名大病院に残る道は選ばず、「内科医であれば、一般的な病気をたくさん診なければいけない」と、あえて茨の道に自分を追い込んだ。
 「研修はイメージ通り。階段を一段ずつ上がるように着実にスキルを磨いていけました」と表医師。研修1年目は点滴を打つ静脈ルートの確保などといった雑用が中心だったが、これを繰り返す中で上達を実感できた。当直では、上司や先輩が常に身近にいることが心強く、学ぶことも多かった。後期研修3年目には、主治医として患者をトータルマネジメント。社会背景の把握や家族への説明などを通じてコミュニケーションスキルも学んだ。
 今後は、論文の作成や研究成果の発表にも力を入れていく予定だ。さまざまな文献に触れることで知識を深め、エビデンスに基づいた「理論的に考えることによる治療」を実践していきたいという。最終目標は、臨床家・教育者・科学者(研究)の三本柱をすべて実践できる医師になること。「経験」と「研究」の両軸を重視する同院は、表医師にとってまさに理想の環境だ。

医師のことを大切に考え、
満足感を味わえるような環境を作ることが大事。

_mg_1565 病院は医師がいなければ成立しない。だからこそ、「医師を大事にすることが出発点」だと、同院の初期研修モデルの策定に関わってきた研修管理委員会委員長の近藤康博医師(副医局長兼呼吸器・アレルギー内科部長)は語る。「最も大切なことは、初期研修の内容を議論する以前に、病院が医師を大切に考え、本人が満足感を持ってキャリア形成ができる環境を作ること。そうすれば順繰りに自然と医師が集まる。理想論かもしれませんが、私たちはこの理想を追求することを辞めてはいけないと思います」。
 医師の満足感を得ようと、やみくもに研修内容を拡充するだけでは、研修医のさらなる疲弊を生んでしまうだけだ。そこで同院が重視するのが、「本人のモチベーションがどこにあるのか」を意識すること。一人ひとりの医師の目標を把握した上で、それに見合った課題を与えれば、それは疲弊ではなく「確かな充実感」を生む。
 「まずは研修医を取り巻く環境を変える。これが医師全体の環境改善に繋がり、ひいては病院の文化を変えることになる」と近藤医師。そのため、研修医の負担を軽減するような医療安全対策や手技の標準化なども進めている。こうした取り組みが病院の医療の質を保証し、病院全体のレベルアップという「実を取る」ことに繋がっている。

同院のブレない信念が、
将来の地域医療を担う優秀な若手医師を育む。

_h2h7441 公立陶生病院の臨床研修から見えてきたもの。それは同院の医師たちに連綿と受け継がれている「文化」だ。断らない救急を実践する同院には、地域住民の医療を担うという使命がある。「すべての患者さんのために」という信念を掲げ、患者のための医療を実践する場だからこそ、医師としての大事な土台を形成できる。考え抜かれた研修システム以上に、病院が持つ「文化」こそが、良質な医師を育む要因になっているのだ。
 「医者の在るべき姿というのはシステムで教えるものではありません。あえて言葉に出さなくても自然と受け継がれていく。これは病院が長年に亘り培ってきた歴史や文化が育むものです。患者さんのためを考えることが当たり前の環境であるからこそ、逃げずに患者さんと向き合える医師が育つのだと思います」と近藤医師は胸を張る。
 表医師は言う。「公立陶生病院で学んだことは、いわば一つのブランドであり、プライドですね」。“For the Patient”。陶生イズムを継承する医師たちが、地域医療の未来を明るく照らしている。

 


 

column

-83r83898380

●研修医から見た公立陶生病院の魅力は、「医師としての基礎を築けること」だと表医師は語る。公立陶生病院は、昭和34年に瀬戸市、尾張旭市、長久手町(現・長久手市)の二市一町の組合立病院として誕生以来、この地域の基幹病院としての役割を果たしてきた。長きに亘り地域に根差して医療を支えてきた病院だからこそ、患者との距離も近い。救急搬送も、断ることなくすべてを受け入れる。本当にこの地域のための病院であらんとするその姿勢が、医師としての根本的な考え方の醸成に繋がるのだという。

●「地域に根差し、常に患者さんのためを考えた医療を提供する。これこそが医師の一番大切な部分だと思います。これをしっかりと養えるのが公立陶生病院の魅力です」と表医師。高度な知識やテクニックの習得はもちろん大切な要素だ。だが、これはいわば枝葉の部分。医師としての土台を形成し、枝葉を伸ばすための幹を育ててくれるのが同院だ。

 

backstage

-83o83b83n83x83e815b83w●健全な地域医療を維持するためには、若手医師の存在が欠かせない。全国的に見ても、過酷な勤務が要求される救急外来などの当直医は、研修医が担当することが大半。夜間の呼び出しなども若手医師が対応することが多い。いわば国内の救命救急は若手研修医の存在が支えているといっても過言ではない。若手の研修医がいなくなれば、病院全体が崩壊しかねない。そんな状況の基幹病院も少なくないのだ。

●今後の医療を支える“宝”であるはずの研修医。だが、その勤務状況は苛烈を極める。さらに追い打ちをかけるのが、患者からの心ない言葉だ。経験の浅い研修医に対し、罵詈雑言を浴びせる患者なども存在する。“先生”と呼ばれる医師も、白衣を脱げば一人の人間だ。思いやりを持ち、研修医の成長を地域で見守っていくという認識が大切だろう。

 

 


3,777 views