825 views

human-main

現在と未来の隔たりを埋める鍵は教育です。

松尾先生
松尾清一 氏 

昭和56年名大医学部大学院修了後、名大医学部助手、講師を経て、平成14年大学院医学研究科教授。同19年名大医学部附属病院院長。同21年名大副総長。また、同年には公立病院等地域医療連携のための有識者会議の座長を務める。平成27年4月、名大総長に就任。



 2025年に向けて、医療の重心は、病院から地域に移行しようとしています。そして、在宅で医療を受ける生活者を支え、その療養生活自体を支援する担い手として、看護師に多くの部分が期待されています。
 では、2025年、在宅で生活者を支える看護師像を、思い描いてみましょう。その姿は、現在、病院にいる看護師と同じでしょうか。私は同じではないと思います。なぜなら、病院の中での患者への看護と、生活に入り込み、生活全般を見つめた上での生活者に対する看護には、大きな隔たりがあるからです。
 その隔たりは、どうすれば埋めることができるのか。鍵となるのは、〈教育〉です。
 今の看護教育は、職能教育であり、看護師という職業・職務上に必要な能力を、身につけるためのものです。もちろん、それを高度化することは大切です。しかし、2025年に必要な看護師を育てるという点では、不足しているものがあります。それは、幅広い知性、人間性を育むための一般教養です。それを今の看護教育のあり方のどこに、どのような変更を加えればよいのか。そして、それをどう作り上げていくのか。
 超高齢社会が看護師を必要とするならば、社会の総意を形成し、教育のためのリソースと時間を整えることが必要です。




825 views