2,021 views

シアワセをつなぐ仕事

がん医療が進化するからこそ、大切なもの。
それは、患者さんを主役にした看護の実践。

小原真紀子(がん化学療法看護認定看護師)・向井未年子(がん看護専門看護師)/愛知県がんセンター 中央病院


 

main

愛知県がんセンター 中央病院は、
高度で先進的ながん医療を提供する日本有数のがん専門病院である。
そこで働くスペシャリストナース(専門・認定看護師)は、
まさに専門分野のなかでさらに専門を極めたハイレベルなスペシャリストといえる。
彼ら・彼女らは、どんな使命感を持って日々の仕事に取り組んでいるのか、
その活動を追う。

 

 

 


最先端のがん医療を提供する病院で
スペシャリストが追求するのは、
徹底的に患者中心の看護を実践することだった。


 

 

 

最先端のがん化学療法を安全に提供できるように
患者一人ひとりに寄り添う。

 Plus顔写真1 愛知県がんセンター 中央病院では、数多くのスペシャリストナース(以下、スペシャリスト)が各分野に配属され、それぞれの専門性を活かした看護実践やスタッフの教育を行っている。その一人、小原真紀子はがん化学療法看護認定看護師。化学療法に興味を持ったのは、以前、勤めていた病院で血液内科病棟の立ち上げに参加し、抗がん剤治療に関わったのがきっかけだった。当時はまだ、化学療法に関する知識を充分に持ち合わせていなかった小原。「患者さんの力になれない自分」にもどかしさを感じ、がん看護を集中的に学べる環境を求めてがん専門病院への転職を決意。同院に入職後、がん化学療法看護認定看護師の資格を取った。
 現在の所属は、外来化学療法センター(看護師長)。患者が症状をコントロールしながら生活の質を維持できるように、スタッフとともに考え、丁寧に支援している。がん専門病院の外来化学療法センターならではの特徴や苦労は、どんなところにあるのだろう。「やはり分子標的薬(※1)をはじめとした新しい抗がん剤をいち早く取り入れているところですね。常に新しい薬の勉強をして、患者さんに安全・安楽に提供できるよう努めています」と小原は言う。なるほど同院では、新しい薬の適用のみならず、その前の段階である抗がん剤の治験(※2)も積極的に行っており、その実績は愛知県下トップ、全国でも有数の数を誇る。新しい治療に挑む患者を支えるために、小原は治験コーディネーター(CRC)の研修も受け、豊富な知識に基づき、患者の不安を少しでも軽減できるよう心を砕いている。
 もう一つ、がん専門病院の外来化学療法センターならではの特徴として、小原は「圧倒的な患者数」を挙げる。「患者さんが多いので、薬による副作用の傾向などのデータもここに集中します。それらを分析・研究して、院内外に情報発信していくことも私たちの大きな役目です」。

※1 がん細胞に特徴的な分子を狙って作用する抗がん剤。
※2 患者の参加を得て、医薬品の有効性や安全性を確認する試験。

 

 

がん看護専門看護師として院内を飛び回る。

Plus顔写真2 もう一人、紹介するスペシャリストは、がん看護専門看護師の向井未年子である。向井も小原同様、他施設からの転職者である。きっかけは以前勤めていた病院で、肺がん患者の最期を見送った際、「自分にもっとできることはなかったのか」と深い後悔の念にかられたことだったという。一念発起、がん看護を学び直すために、退職して三重大学大学院に進学。高度看護実践指導者(専門看護師)コースを修了後、同院に入職した。
 現在、向井は、<緩和ケアセンター>のジェネラルマネージャーを務める。緩和ケアセンターとは、院内の緩和ケアの取り組みを統括するところ。同院では、がん治療と並行し、初診時から質の高い緩和ケアを提供。多職種が連携し、患者やその家族の身体と心の苦痛を和らげるよう積極的に働きかけている。向井はそうした活動がより円滑に行われるよう、院内を飛び回って、医師や病棟看護師などの相談に応じている。
  このほか向井が力を注ぐのが、がん看護専門看護師が運営する「がん看護外来」の業務である。「なかなか医師に本音をぶつけられない」「どの治療法を選ぶべきかわからない」など、さまざまな悩みをかかえる患者と家族の思いを聞き、相談にのる。ときには、その患者が医師の診察を受ける場に同席し、医師と患者の思いを橋渡しすることもあるという。「やはり当院には、特別なものを求めて来られる方が多くおられます。なかには、症状が進み、藁にもすがる思いで来る方もいます。そういう方を、精神的、社会的にいかに支えていくか、スペシャリストとしての力量が問われると感じています」と向井は表情を引き締める。

 

 

一番大切なのは
患者と家族の生活の質。

IMG_5566 専門看護師、認定看護師として、それぞれの専門性を追求する二人。日々進歩する最先端のがん看護を実践する上で、大切にしているものは何か。その答えは、取材者をハッとさせるものだった。二人の答えが、先進的な看護の追求というよりも、むしろ看護の原点に立脚したものだったからだ。
 まず小原は、「患者さんが普段の生活を続けられるように考えること」だという。「たとえば、外出を極力控えるよう主治医から告げられた患者さんがいたとします。でも、その方は愛犬の散歩が日課で、何とかそれは続けたいという。そんなとき、<だめですよ>というのは簡単ですよね。でも、私はすぐには諦めず、どうすれば犬の散歩に行けるのかとことん考えるようにしています」。
 向井もまた、患者の生活の質に着目する。「どうすれば、その方らしい生活を継続できるのかを第一に考えます。でも、そのためには、私たちがすべての問題を解決することはできまIMG_5621せん。それよりも、その方が家に戻って生活できるように、患者さんとご家族が本来持っている力を引き出すよう働きかけています」。
 がん専門病院のスペシャリストというと、細分化されたがん医療の専門領域において高度な看護技術や知識を発揮する専門家というイメージが強い。しかし、実はそこで働くスペシャリストたちは<すべては患者さんのために>という揺るぎない思いを持ち、「患者一人ひとりの物語」を大切にした看護を実践しているのである。

 

 

スペシャリストとジェネラリストの協働で
患者を支えていく。

IMG_5550 同院では、がん看護専門看護師をはじめ、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、緩和ケア、乳がん看護、がん放射線療法看護など、さまざまな領域にわたり、合計38名のスペシャリストが活動している。だが、スペシャリストの頑張りだけでは当然、院内の看護は回っていかないだろう。向井は「ジェネラリストナース(以下、ジェネラリストと表記)とスペシャリストが縦糸と横糸になって協働できてはじめて、より良い看護を実践できます」と言う。ジェネラリストとは、特定の専門分野で活躍するスペシャリストに対し、主に病棟などに所属し、多様な治療を受ける患者に寄り添い、手厚いケアを行う看護師を指す。ただし、同じジェネラリストでも、同院のジェネラリストは、がんの多様な病態や治療法に精通した、極めて専門性の高いジェネラリストということができるだろう。「ここのジェネラリストは本当にみんな勉強家ですし、24時間、患者さんのそばにいて、エビデンス(科学的根拠)に基づく質の高いケアを提供しています。彼ら、彼女らが自信を持って看護できるように導いたり、なかなか解決の糸口が見つからないケースは直接関わったりするのが、私たちの役割だと考えています」。
  さらに、同院のスペシャリストたちは、地域のジェネラリストとの協働にも力を注ぐ。たとえば、近隣の一般急性期病院に出向いて、<化学療法における副作用マネジメント>について研修したり、地域の訪問看護師を同院に招いて<緩和ケア勉強会>を開くといった取り組みを進めているのだ。日本人の二人に一人がかかる<がん>は、もはや特別な病気ではない。がんとともに生活することが当たり前の時代では、がん専門病院という<点>ではなく、診療所や訪問看護ステーションも含めた地域全体の看護という<面>で、患者を支えていかなくてはならない。その先導者として、同院は地域全体の<がん看護>の質的向上に果敢にチャレンジしていこうとしている。

 

 

columnコラム

●平成26年12月、50周年を迎えた愛知県がんセンター。病院と研究所を併せ持つがん専門施設として、高度で先進的ながん診断治療、予防、研究に取り組んできた。研究所では、疫学・予防研究、診断・治療研究、発がん制御研究など幅広い領域にわたる先端的研究を精力的に推進。その研究成果を中央病院で臨床応用しつつ、病院と研究所が一体となって、がん克服に繋がる先進医療の開発をめざしている。

●同センターでは、基礎医学と臨床医学を両軸に、遺伝子診断に基づく新しい個別化治療の研究にもいち早く着手。遺伝子の異常に着目し、患者に合った治療や予防法を考えるオーダーメード医療の確立をめざしている。その研究を加速させるために、平成27年度から患者のがん組織を保存し、治療法開発に活かす「バイオバンク」も開設。ここから新しいがん医療の創出をめざしている。

 

backstage

バックステージ

●がん医療は飛躍的に進化している。たとえば、抗がん剤治療においては、点滴だけでなく、内服薬(飲み薬)も増えている。しかし、「新薬が出たからといって、患者さんの負担が減ったとは一概にいえない」と、小原看護師は言う。「たとえば、有効な支持薬や新薬が開発され、治療効果が上がることはすばらしいですが、治療期間が長くなると、就労や治療費、家族の負担なども考えなければなりません。そういった患者さんの辛い部分を支えるのが、私たち看護師の役割だと考えています」。

●先進医療が開発されれば、患者も医療従事者も楽になる。私たちはともすれば、そんなふうに安易に思いがちだが、実はどんなに医療が進歩しても、看護の本質は変わらない。むしろ医療が進歩するからこそ、患者一人ひとりに寄り添う看護が重要になるのではないか。そんな看護の原点を、今回の取材を通じて、改めて実感した。

 

 


2,021 views