857 views

human-main

柔軟な発想とリーダーシップが、各論のサイクルを回す。

松尾先生
松尾清一 氏 

昭和56年名大大学院医学研究科博士課程修了後、名大医学部助手、講師を経て、平成14年大学院医学研究科教授。同19年名大医学部附属病院院長。同21年名大副総長。また、同年には公立病院等地域医療連携のための有識者会議の座長を務める。平成27年4月、名大総長に就任。



 超高齢社会の地域医療において、国はその望むべき姿を示してきました。今は、望む姿と現在の姿のギャップを埋めるために、地域医療構想調整会議等が進められています。こうした社会全体の物事を決めるとき、行政は全国画一的に管理するのではなく、多様な要素をいかにうまく重ねるか、という柔軟な発想が必要です。なぜなら、地域社会は、歴史的背景や現在の状況など、決して一様ではありません。それを単純に、出すべき答えとは違うからと規制をするのではなく、地域の事情に合わせた姿を、どうしたら実現できるかを考える。換言すると、地域に溶け込んでいる医療現場の声を、いかに政策的にサポートするかが重要と考えます。
 地域医療構想のように、目標を決め、そこに向かって必要な要素を整えるバックキャストの手法は、ともすれば上からの改革になりがちな性格を帯びています。そうならないためには、めざす形に向かう過程を、どう地域で取り組むかが大切だと考えます。
 その上で、具体的な各論に落とし込むには、誰かがリーダーシップを取り、意見を調整して一つの方向性を見つけ出す。その機能があってこそ、目標設定・行動計画・行動・評価、というサイクルが回り出します。




857 views