613 views

human-main

汗を流し、しなやかな発想で各論を導くことが必要

松尾先生
松尾清一 氏 

昭和56年名大大学院医学研究科博士課程修了後、名大医学部助手、講師を経て、平成14年大学院医学研究科教授。同19年名大医学部附属病院院長。同21年名大副総長。また、同年には公立病院等地域医療連携のための有識者会議の座長を務める。平成27年4月、名大総長に就任。



 未来の地域の医療提供体制を決める、地域医療構想策定が進められています。各県ではそれぞれの形で、医療関係者と行政による話し合いが持たれています。
 策定について、現場の声を拾い出す話し合いは、とても重要です。ただ、総論の話し合いばかりでは、なかなか具体性を帯びません。目標をまず決める。そこでは細かなことに終始せず、コンセプトを創ることが大切です。そして、それに沿って各論を考えるならばこうなる、という流れを創り出さなければ物事は動きません。
 目標を定めるにしろ、各論を固めていくにしろ、汗を流して大所高所から纏めてゆく行動的な戦略集団が必要です。この集団に求められる資質は、(1)愛知県の医療をより良いものにしようという高い志を持っていること、(2)国の政策や愛知県の医療実態をよく理解していること、(3)様々なステークホルダーとのコミュニケーションができリーダーシップを発揮できること、が求められます。この中でも行政の果たすべき役割は大変大きいと思います。また様々な立場でこの集団に参加する人は、いかに地域に還元するかという発想を持ち、大目標を実現するために協同して地域の医療を整えるリード役を果たす必要があると考えます。
 その際には、ときには医療経済学者など、様々な視点を持つ人の意見にも耳を傾け、取り入れていく。そうしたしなやかな姿勢が望ましいのではないかと考えます。




613 views