649 views

editor-main

地域住民の当事者意識の醸成が不可欠

 「病院が語る、地域医療構想」と題して、今回は東海三県の病院協会から話を聞いた。三県とも、方法は異なるが、地域の病院同士が会話を積み重ねている姿があった。LINKEDは、その姿勢に共感と納得を覚える。ただ、その病院同士の会話から、地域住民は置き去りにされていないだろうか。逆に言えば、地域の病院の姿が大きく変わろうとしているのに、住民は、当事者意識を持って地域医療構想に参加をしているだろうか。
確かに地域医療構想は専門的で難しく、生活者からは解り難い。だからこそ、まずは伝えて、興味関心を持ってもらう努力が必要となる。LINKEDは、医療現場と生活者を繋ぐために、さまざまなメディアを創造し、生活者が正確な情報を知る、理解する、そして、声を出せる環境づくりに、こだわっていきたい。

 


649 views