1,578 views

シアワセをつなぐ仕事

病気とのつき合い方をともに考え、
歩み続ける日々を支える。
それが糖尿病看護。

平松一葉(糖尿病看護認定看護師)、大森恵子(糖尿病センター)、浦田美佐子(糖尿病センター)/中部ろうさい病院


 

main

血糖値が高くなり、放っておくと深刻な合併症を起こす糖尿病。
中部ろうさい病院では昭和62年、東海地区で初めて糖尿病センターを開設し、病棟と外来部門が連携し、専門性の高い治療・看護に力を注いできた。
糖尿病と生きる患者を支え続ける、看護師たちの活躍を追った。

 

 

 

 


病棟と外来の看護師が
同じ目的意識を持ち、
糖尿病患者の伴走者となる。


 

 

 

糖尿病患者を
本気にさせる仕掛け。

  中部ろうさい病院の糖尿病センターは、糖尿病・内分泌内科を中心に病棟と外来部門から構成される。病棟部門では、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士などがチームを組んで、血糖コントロールや合併症治療を行っている。そのチーム医療の中核として活動するのが、糖尿病看420114護認定看護師(※1)・糖尿病療養指導士(※2)の平松一葉。糖尿病患者の教育プログラム作りや病棟スタッフの指導に携わり、糖尿病看護の質的向上をリードしている。
 糖尿病にかかる主な原因は、ストレス、運動不足、暴飲暴食といった不適切な生活習慣の積み重ねである。そのため、糖尿病の入院治療では、血糖コントロールや合併症の治療とともに、生活習慣の改善方法を教育することが大きな目標となる。「生活習慣の改善は、本人がその気にならないとできません。糖尿病の合併症の怖さについてしっかり理解していただき、患者さんの意識改革を手助けすることが、私たちの役目です」と平松は説明する。
  患者一人ひとりの決意を促すために、同病棟で必ず退院前に行っている儀式がある。それは、患者自身が退院後の<目標>を考え、紙面に清書するものだ。目標は、めざす体重やヘモグロビンA1c値(血液検査で血糖の状態を示す値)といった具体的な数値で表す。その数字を達成するには、何が必要で、生活習慣のどの部分を変えていくか、患者と看護師がいっしょに考え、退院後の治療計画を立てていく仕組みだ。この<自筆の目標>を提案したのは、平松である。「与えられた目標では、人ごとになりますが、自分で目標を立てると本気になって取り組めます。退院後もしっかりセルフケアを続けられるようにという願いを込めて、次のステージへ送り出しています」。

※1 糖尿病に関する専門知識と技術を持ち、高い水準の看護を実践できる看護師。
※2 糖尿病患者に必要な自己管理を指導する医療者。

 

 

治療途中で
ドロップアウト(脱落)
させないために。

516016 一方、糖尿病センターの外来部門では、医師による一般外来のほか、生活全般の相談に応える<糖尿病看護外来>、腎機能の低下した患者の重症化を防ぐ<糖尿病透析予防指導>、糖尿病による足の障害を予防する<フットケア相談室>という3つの看護専門外来を開設。糖尿病療養指導士の専門知識を持つ看護師が中心となり、医師や栄養士と連携して、数多くの通院患者の指導とケアにあたっている。
 外来看護師の一人、大森恵子は糖尿病療養指導士として、3つの専門外来をローテーションで担当している(このほか、治療就労両立支援、小児糖尿病療養指導も兼務)。「糖尿病看護外来では、患者さんの血糖値の記録を見て、患者さんと一緒に高血糖や低血糖の原因を振り返り、食事や運動、インスリンなどの解決策を考えます。糖尿病とのおつき合いは一生続くものだから、治療の途中で絶対にドロップアウト(脱落)させないことが大切。患者さんには合併症で倒れて欲しくないとのメッセージを送り続けながら二人三脚で歩んでいます」と話す。
516022 同じ外来部門の浦田美佐子看護師も、大森と思いを共有する。「無理せず続けてほしいので、<頑張れ>という言葉は決して使いません。頑張り過ぎると長続きしないばかりか、低血糖で危険な状態になったり、神経障害などを起こすこともあります。ゆっくりしたペースでいいので正しいセルフケアを続ければ、合併症の心配も少なく、これからの人生を謳歌できます。患者さんには、『いろいろなことを我慢して生きるのではなく、楽しむために生きてくださいね』と、いつもお話ししています」。

 

 

急性期病院が
糖尿病対策に
力を入れる理由。

 糖尿病患者の意識改革を促す病棟での治療とケア、血糖コントロールを正しく持続するための外来での治療とケア。その両方を合わせ、糖尿病センターで治療継続中の患者は、現在約3500人にのぼるという。急性期病院である同院が、慢性疾患である糖尿病の患者の対応にここまで力を入れるのはなぜだろうか。眞部高子看護部長、後藤真澄看護師長に話を聞いた。
Plus顔写真 「一般に、糖尿病は命に関わる病気とは考えられていませんが、放っておくと、失明や透析導入、足の切断といった重篤な合併症を引き起こします。また、糖尿病になると、脳梗塞や心筋梗塞になりやすく、死亡率も高まるといわれています。急性期疾患を予防するために、糖尿病の早期発見と重症化予防が非常に重要なのです」。さらに眞部部長は、これからの地域医療体制を見据えた観点からも、糖尿病対策の意義について語る。「地域医療の提供体制は、病院完結型から地域完結型、病院中心から在宅中心へと転換しつつあります。高齢化にともない今後さらに増加が予想される糖尿病患者さんについても、いかにして自宅にいながら適切なセルフコントロールを行い、問題を起こさないようにするための体制を構築するかが喫緊の課題なのです。そのためにも、入院時から在宅を意識したコントロールを習慣づけ、外来でその実践を支えていくことが重要です。糖尿病は患者さん自らが主体的に取り組む病気ですが、その長い療516083養生活には、科学的根拠に基づいて正しくアドバイスできる看護師の伴走が必要不可欠です。そうした専門的な看護実践能力を発揮するのは、やはり急性期病院である当院の使命ではないかと思います」。同院は、糖尿病看護認定看護師や糖尿病療養指導士の資格を持つリソースナース(専門性の高い看護師)を抱えている。その高度な看護力を活かし、糖尿病患者を支えていく考えなのである。

 

 

病棟から外来、
そして地域へ。
看護の力を連携し、
糖尿病患者を支えていく。

 地域の中核を担う急性期病院として、地域の糖尿病患者をずっと支え続ける姿勢を打ち出す、中部ろうさい病院。近年、ますます増えつつある糖尿病患者に対応するために、糖尿病センターの看護師たちはさまざまなビジョンを思い描いている。病棟部門の平松は、次のように話す。「別の疾患で入院してきた患者さんが持420150病として糖尿病を持つことも多く、糖尿病の患者さんは全病棟に広がっています。そこで、各病棟に糖尿病患者さんの指導ができるリンクナース(※3)を育て、全病棟の糖尿病患者さんをフォローし、しっかり血糖コントロールできるシステムを作っていきたいと考えています」。外来部門の大森は、「効果のあった患者指導の事例を論文にまとめ、積極的に学会で発表していきたいですね。さらにその情報をスタッフ間で共有して、看護の質の向上を図っていきたいと思います」と意欲を燃やす。
 彼女たちの目標に加え、眞部部長はさらに、その先にある地域との連携へと視野を広げる。「高齢化が進み、80〜90代の糖尿病患者さんも珍しくありません。自分でインスリン注射を打てないので在宅療養が難しい、という方も多くいらっしゃいます。そういう方々を支えるためにも、糖尿病看護に精通した当院の看護師がもっと地域に出ていくべきだと考えています。たとえば、地域の訪問看護ステーションや老人保健施設で勉強516077会を開くなど、当院の他の11分野の認定看護師との調整も図りながら、在宅療養を支える看護師の方々と連携を深めて、地域全体の看護力の向上に貢献していきたいと思います」。
 病棟から外来へ、そして地域へ。専門知識に裏付けられた高度な糖尿病看護の力を地域へ広げることで、同院はこれからも糖尿病と生きる患者にしっかりと寄り添っていこうとしている。

※3 専門チームや委員会と病棟看護師を繋ぐ看護師。


 

 

columnコラム

●中部ろうさい病院では、栄養サポートチームの下部組織として、糖尿病サポートチームを結成し、組織横断的に糖尿病患者の支援に取り組んでいる。チームのメンバーは、糖尿病センターの医師、看護師を中心に、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師、事務職と、多彩な顔ぶれである。それぞれの職種が専門知識を持ち寄り、スタッフの学習会の企画、患者配布用の「糖尿病テキスト」の作成などに取り組んでいる。

●糖尿病サポートチームでは、糖尿病予防の啓発を目的に、地域住民向けのイベントも積極的に行っている。たとえば、毎年秋には、11月14日の「世界糖尿病デー」に合わせ、院内で多彩な催しものを展開している。平成27年は、多職種による糖尿病教室のほか、血糖・血圧測定、糖尿病クイズ、体操などを実施し、来院者の関心を集めた。

 

backstage

バックステージ

●医療や看護の主体は、いうまでもなく、医療者ではなく、患者自身である。とくに糖尿病のような慢性疾患は、医師がどんなに先進的なパフォーマンスを発揮しても、病院で完治する病気ではない。したがって、医師や看護師よりも患者自身が、病気について正しい知識を持ち、退院後も継続して、自らの生活習慣を改革しながら、病気とつき合っていかなくては、成果は期待できない。

●中部ろうさい病院の糖尿病看護は、まさにその「患者主体」にフォーカスした取り組みである。病棟の看護師も外来の看護師も、患者自身がセルフケアの主体であることに気づき、前向きに自信を持って取り組めるように、手厚くサポートしている。

●糖尿病患者が増加し、70歳以上では男性の4人に1人、女性の6人に1人が糖尿病を持つという。同院の糖尿病センターの果たすべき役割は、今後ますます大きくなっていくといえるだろう。

 

 


1,578 views