450 views

human-main

デュアルシステムと処遇。

91E592CB959B91E590b
大塚耕平 氏 

元厚生労働副大臣。早大卒後、日本銀行を経て2001年から参議院議員。日銀在職中に早大院博士課程修了(学術博士、専門はマクロ経済学)。内閣府副大臣(金融、郵政改革、規制改革等担当)等歴任。56歳。



 看護師の重要性をどう実感し、その認識をどのように広めていくのか。
 先日、第二日赤病院の救急外来で受診した際、看護師による院内トリアージを体験。まさしく看護師の重要性と頼もしさを実感した場面でした。回復期・慢性期の過程では、看護師への依存度はさらに高くなるでしょう。
 地域医療構想の中で、看護師の役割と立場をプレイアップしていくためのポイントはふたつです。
 ひとつは、看護師のデュアルシステム。高度急性期・急性期病院と、回復期・慢性期病院の双方に所属できるシステムです。転院した患者のフォローアップ及び安心感のために必要な新たな取り組みです。
 在宅医療を念頭に置くと、訪問看護ステーションとのトリプルシステムも検討に値します。
 もうひとつのポイントは、看護師の処遇向上です。役割と責任が増すわけですから、それに応じた処遇向上が必要です。向学心と責任感に満ちた看護師の母集団を大きくしていくためには、看護師の処遇向上は急務です。
 そのことは介護士に関しても同様です。地域医療構想の成功のためには、医看連携、看看連携のみならず、看介連携も重要です。
 社会の実情が変われば、職業・職域・処遇もそれに適応させることが必要です。




450 views