1,635 views

human-main

「面」「時間軸」を意識した医療サービス

91E592CB959B91E590b
大塚耕平 氏 

元厚生労働副大臣。早大卒後、日本銀行を経て2001年から参議院議員。日銀在職中に早大院博士課程修了(学術博士、専門はマクロ経済学)。内閣府副大臣(金融、郵政改革、規制改革等担当)等歴任。53歳。

医療サービスの提供を「点」(病院単位)として行うのではなく、「面」(地域単位)として行うべきというのが、今回のLINKEDの主張です。その実現のためには、病診(病院と診療所)連携のみならず、病病(病院と病院)、病介(病院と介護)、病福(病院と福祉)等の包括的、輻輳的な連携が必要です。
 現状において最も拡充の緊要性が高いのが「中間的な病院」。つまり、高度急性期を脱した患者を基幹病院から受け入れる病院です。そのためには、診療報酬等によって「中間的な病院」の経営が安定するようなインセンティブ政策が必要でしょう。
 「面」として医療を提供するためには、電子カルテの本格的普及と共有、カルテのみならずCT画像等の共有も必要です。
 さらに、退院後のリハビリ施設・介護施設・福祉施設・自宅療養とのシームレスな連携を行うためには、そうした医療情報を理学療法士や非医療機関にどこまで提供するかという点も検討しなければなりません。
 また、「面」と同時に「時間軸」で医療や介護を捉えると、看取りの問題も避けては通れません。
 従来の慣性・惰性に流されることなく、社会の変化と人口動態を見据えた医療政策の転換が求められています。

1,635 views