664 views

human-main

「医療・介護難民」を出さない社会づくり。

91E592CB959B91E590b
元内閣府副大臣 大塚耕平 氏 

日本銀行を経て2001年から参議院議員。早大総合研究機構、中大大学院公共政策研究科、藤田保健衛生大学医学部の客員教授を兼務。早大博士(専門はマクロ経済学)。内閣府副大臣等も歴任。57歳。



 「地域医療構想」と「地域包括ケアシステム」。今後の医療・介護サービスを支える車の両輪です。
 「地域医療構想」は、域内病院が機能別(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)に役割分担しつつ、医療・介護サービス関係者の連携を目指します。
 「地域包括ケアシステム」は、日常的な生活圏で5点セット(医療・介護・予防・住宅・生活支援)のサービスを適切に供給・運営していくことを企図しています。
 いずれの成否も、行政、医療・介護サービス等の関係者、住民(患者、要介護者、家族)、それぞれの取り組みと相互の協力如何にかかっています。
 新しい動きもあります。今国会で審議される介護保険法改正案では「介護医療院」の設置が盛り込まれています。
 2006年の医療制度改革で廃止が決まった介護療養病床への根強いニーズに対応し、新しい介護保険施設として再生、活用していく計画です。「地域医療構想」「地域包括ケアシステム」の補完的施設と言ってもよいでしょう。
 医療的ケアが必要な重介護者の受け入れ、生活の場としての機能提供、ターミナルケアや看取りにも対応、といった特徴を有する介護保険施設です。
 「医療・介護難民」を出さない社会づくりに向けた正念場です。車の両輪に加え、「介護医療院」のような補完的な施設や機能の整備、活用も重要です。




664 views