297 views

editor-main

医療を受ける私たちが、
もっと地域医療に関心を持っていきましょう。

 2025年に向けて、地域医療がどのように変わっていくのか、私たちが知っておくと良いことをここまで見てきました。
 大まかにまとめると、2025年に向けて、病院中心から在宅中心の医療体制への大転換が進められていること。それを実現するには、地域の病院が他の医療機関や介護事業者と密に連携し、在宅療養する患者に、医療・介護サービスを提供できる仕組みを、つくっていく必要があることがわかりました。
 では、あなたの住む地域では、今、どの程度、新しい仕組みづくりは進んでいるでしょうか。知っていましたか? その具体的な動きは、実際には私たち生活者に見えにくく、自分や家族が病気をしない限り、実感できないのが実情です。かといって、無関心のままでは、わが町がB市のような状態に陥ってしまうかもしれません。
 ではどうしたら、それが解るのでしょうか。私たち一人ひとりが、もっと地域医療の動きに関心を持つこと。そして、今、病院で起こっている変化を、我が事として見つめることではないかと思います。
 こうした視点に立ち、LINKEDは次号から紙面を大幅にリニューアル。医療の大きな変化に立ち向かう東海三県の病院の姿を、よりダイレクトに皆さんにご紹介していきたいと考えています。読者の皆さんと一緒に、LINKED編集部も病院の「今」を学び、わかりやすく伝えていきます。どうぞご期待ください。

 


297 views