428 views

human-main

未来の設計図を。

松尾先生
名大総長 松尾清一 氏 

昭和56年名大医学研究科修了後、名大医学部助手、講師を経て、平成14年大学院医学研究科教授。同19年名大医学部附属病院院長。同21年名大副総長。また、同年には公立病院等地域医療連携のための有識者会議の座長を務める。平成27年4月、名大総長に就任。



 わが国はすでに超高齢社会に突入しており、今後も一層、高齢化が進むことを多くの人は知っています。社会生活の様々な局面で超高齢化の現実を実感としてもち、将来への不安を感じることが多いと思います。
 このような中で、将来にわたって日本が活力を維持し、すべての国民が生きがいを実感できる社会づくりが求められています。何もしなければ、これとは反対の方向に流れが行ってしまうことが危惧されます。
 「夢」を形にするうえで最大の課題は何でしょうか。財源問題、医療技術の問題、医師の偏在やマンパワー不足、医療機関の経営問題、等々、様々な要素があると思いますが、最も肝心なことは地域における将来ビジョンを描き、共有することでしょう。明日からどうするかという短期的な協議は現実の利害や様々な規制があり、根本的な解決はむつかしいでしょう。しかし、大事なことは、もっと先のこの地域の姿をビジョンとして共有すること、そのうえで実現のためには、公も民も、行政も医療機関や公的機関も、すべての施策を戦略的に立て、連携して進めてゆくことが必要です。
 ビジョンの形成には、もっと広い視野からの意見をいただくことも不可欠です。私たちはこの地域を将来どのような姿にしたいのか、この地域の未来社会ビジョンづくりのため、住民も含め主要なステークホルダーの知恵を集めた熱い議論が、今こそ必要です。




428 views