200 views

human-main

部分最適ではなく、全体最適の視点の必要性。

松尾先生
名古屋大学 総長 松尾清一 氏 

昭和56年名大医学部大学院修了後、名大医学部助手、講師を経て、平成14年大学院医学研究科教授。同19年名大医学部附属病院院長。同21年名大副総長。また、同年には公立病院等地域医療連携のための有識者会議の座長を務める。平成27年4月、名大総長に就任。



 今、医療界は大きな変革期にあります。今後、一層進展する超高齢社会を見据えての動きですが、変革を迫られているのは医療界だけではありません。産業、教育、政治をはじめ、日本の社会全体が大きな影響を受け、想像を超える変化が起こるでしょう。いずれの分野でも問題や課題が山積しており、解決への明確な指針や計画が不明確で、日本の社会にある構造的な脆弱さを示しています。
 社会がこうした状況にあるときは、一つの分野だけではなく、社会全体の視点から考えることが大切です。そして、一番優先するものは経済か、健康か、教育か、何であるのかを考える。つまり、国としての価値観、そのコンセンサスを国全体で形成することが必要ではないでしょうか。そのうえで、各分野での問題や課題を、総合的に見つめていく。それは地域においても同様です。
 地域医療の再編では、医療提供の仕組みをどう構築するかだけではなく、地域住民の人口動態、生活、収入、社会保障、福祉などのすべてを見通したうえで、将来どのような地域社会にしたいのか、その中でどのような医療や介護が必要なのかを考える。そのときには、医療者だけではなく、多様で異なる視点を持つ人の意見を取り入れる姿勢が必要です。
 社会が大きく変わらなくてはならないとき、自分だけが良いという、部分最適の考え方では事は成し得ません。誰もが広い視野を持ち全体最適を考えることこそ、肝要であると考えます。




200 views