1,424 views

いち早く患者のもとへ!
24時間365日対応のドクターカー事業を開始します

 中津川市民病院では、医師が直接救急現場に駆けつける「ドクターカー事業」を導入しま す。消防本部からの要請を受け、専門の医師と看護師が救急現場へ急行し、病院に搬送されるまでの間に必要な診療行為を行うものです。また、この事業を担当 する医師2人を9月1日付で採用します。

 24時間365日対応・本格導入は、準備・試行期間を経て早ければ年明けから、遅くとも新年度からの開始を予定しています。


ドクターカー出動の流れ

 

県立多治見病院のドクターカー

県立多治見病院のドクターカー
前方を走る車がバックミラーで認識できるように、鏡文字で医師と表示されています。

ドクターカー出動の流れ

  1. 救急現場から119番通報
  2. 救急車出動
  3. ドクターカー出動要請

    消防本部が救急患者の容態などの情報から、医師の出動を要請。

  4. ドクターカー出動

    要請を受けた医師が看護師とともにドクターカーに乗り込み、救急現場または救急車とのドッキングポイントに向かいます。

  5. 救命救急処置

    救急現場(ドッキングポイント)で救急車と合流し、医師が救命処置を行います。

  6. 搬送(医師同乗)

    救急車に医師が同乗し、適切な医療機関へ搬送します。



 

救命率の向上を目指して

病院長・安藤秀男

中津川市民病院
病院長 安藤秀男

 ドクターカーは、「救命率の向上」と、病院に患者さまが到着する前から治療を開始することで、患者さまが元気に社会に復帰する「社会復帰率」も向上するというメリットがあります。

  この事業を開始するにあたり、2人の麻酔科医師が着任します。長年麻酔科の常勤医師が不在だったため、夜間や時間外に対応が難しかった緊急手術などへの対 応もできるようになり、医師確保面でも、若手の医師である初期研修医が当院で麻酔科の研修を行うこともできるため、より初期研修医が当院へ集まりやすくな るものと期待しています。

 



ドクターカーQ&A

ドクターカーとは?
 医師と看護師が乗り、救急現場やドッキングポイント(中継地点)へ向かう車です。出動時には赤色回転灯をつけ、サイレンを鳴らしながら緊急走行をします。出動中のドクターカーが接近してきた場合には、道を譲るなどのご協力をお願いします。


どんな時に出動するの?
 消防本部が119番通報で重症と判断した場合に出動要請を行います。患者さまから直接要請することはできません。


なにがよくなるの?
 医師がいち早く現場に向かい、その場で診断や治療を開始します。また、患者さまに付き添って救急車で病院に向かうので、救命効果が高まります。


【問】市民病院総務人事課(TEL:66-1251)
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/news/035101.php


1,424 views