LINKEDとは

Mission–
地域があたかも一つの病院のように。

私たちは、地域の医療機関があたかも一つの病院のように機能し、
それによって社会が、住民が、効率的でより良い医療を手にすることに貢献します。

 

Vision–
広報という視点から「繋ぐ」

広報とは、情報発信者とステークホルダーとの信頼関係づくり。等身大の情報を通して、
自らのあり方、方向性を示し、それに共感と理解、納得、そして、協同を求める活動です。
私たちは、病院、医療者と、地域や生活者、他の病院、そして、企業、行政、さらには、医療者同士の関係づくりの触媒となって、
広報という視点から、「地域があたかも一つの病院のように」機能することをめざしていきます。
医療機関の皆さまには、単に商品を買うという発想ではなく、例えば、LINKEDからのアンケートにご回答いただく、
e-LINKEDにご参加いただくなど、みんなで「繋ぐ」活動を進めていただきたいと考えます。

 

Strategy–
「媒体」「情報」「人材」からアプローチ

私たちがめざす「繋ぐ」とは、単に情報を一方的に発信するものではなく、
受け手と双方向で、さらにそこに関係する人々も参加できる、
すなわち立体的なコミュニケーションの創造を指します。
そのために「媒体」「情報」「人材」の三つの角度から挑戦していきます。

 

 

媒体

地域医療全体の課題、病院の個別の課題、そして、採用活動の課題など、
目的と対象に合わせ紙、インターネット、また、病院の空間(壁)など、最適化した媒体を開発していきます。
その一つひとつは、すべての地域医療機関で共有するもの。
皆さまの積極的なご参加で、より充実した情報を地域に発信していきたいと考えます。

情報

情報とは、その中味に対して受け手の共感を生み、理解と納得に基づく行動を促してこそ価値があります。
言葉、写真、イラスト、ピクトなどを用いて可視化し、信頼の増幅サイクルを回すことで、
受け手にとって行動したことへの満足感を醸成していきたいと考えます。

人材

私たちのMission、Visionに賛同してくださるさまざまな人と、
思いや目的をさらに確かめ合う一方で、
ある人とは知識を、また、ある人とは技術を広げ、
繋ぐ機能を多発的に高める活動を進めて行きたいと考えます。


PROJECT LINKED 事務局
運営責任者 黒江 仁