プロジェクトリンクト : 正義の見方 : 惨憺たる窮状においても、すべて自力でやれ。それが今日の民間病院への目線。

Plus用バナー5.jpgPlus用バナー5.jpg

タイトル.jpg




社会医療法人ペガサス理事長
馬場武彦

サブタイトル.jpg

公平には、悪平等的なニュアンスがある。
公正には、事実への偏重のない目線がある。
私は、「公平」ではなく「公正」を求める。

公正な目で、
公立病院と民間病院を
見つめる。
それが、地域にふさわしい
新たな医療のカタチを創る。

LINKED編集部では、東日本大震災特集取材のため石巻市を訪れた。大災害の爪痕が生々しく残るなか、 二つの病院を取材したとき、公的な支援のあり方が、必ずしも「公正」とは言えないのではないか。そんな疑問を抱いた。 医療において「公正」とは何か。そしてそれを地域において実践し、根付かせるにはどうしたら良いのか。 そうした視点から、大阪府堺市で救急医療に力を注ぐ、社会医療法人ペガサス 理事長 馬場武彦氏に聞く。

馬場理事長.jpg

惨憺たる窮状においても、すべて自力でやれ。
それが今日の民間病院への目線。

――編集部は災害拠点病院の石巻赤十字病院と民間の齋藤病院を取材しました。まず、東日本大震災のような大災害を受けると、病院はどのような状態に陥りますか。1.jpg
 「私は未体験ですから仮説ですが… 発災直後は、まずライフラインが止まります。物流もしばらくの間は止まり、医薬品や衛生材料などが手に入らなくなるでしょう。病院は自家発電装置の整備や資材の備蓄はしていますが、それにも限りがあります。そうしたなか、被災による医療ニーズは高まる。乏しい医療資材でいかに患者さまを診るか、厳しいところです。もう少し先を見ると、元の診療体制に戻るには時間がかかり、収入の見込みが立ち難くなります。しかし、職員の雇用は、これまでどおり維持させなくてはならない。つまり、病院にとって『入』は限りなく小さくなり、反対に『出』は大きくなるという状態。発災直後は正常に機能せず、復興に向けても難しい状況になると思います」


――発災直後、どちらの病院にも住民の方が避難してきました。
 「それは当然あることでしょう。石巻赤十字病院は公的病院、齋藤病院は民間病院ですが、地域の方々は、公的だの民間だのという違いを、普段から意識してはいないと思います。つまり、病院は平時においても非常時においても、地域における〈公〉の機能、施設なのです」


――そうしたなか、なぜ石巻赤十字病院にはすぐに充分な支援が入り、齋藤病院には入らなかったのでしょう。
 「齋藤病院は、市から『民間病院は自力で調達してください』と言われたといいますね。この言葉はあまりにも厳しい。齋藤病院の皆さんは絶望感を抱いたと思います。同じ民間病院の経営者として、私は、決して他人事ではなく身につまされる思いです。一方、石巻赤十字病院は、支援を見事に活かし活躍されました。災害時医療のあり方として、すべての地域で参考にすべき点があります」


――同じ〈公〉の機能、施設であるのに、なぜ同じように支援が入らないのですか。
 「民間病院の経営者なら誰もが予測していた不安が、やはり起こったということでしょうか」